バーベキューを楽しむために

バーベキューでお肉を焼き過ぎず安全に食べるには

バーベキューでお肉を焼き過ぎず安全に食べるには バーベキューを楽しむ時に、お肉を焼き過ぎず美味しく安全に食べる方法があります。
バーベキューは主に炭火を用いる調理なので、ガス火に比べて風などの影響を受けにくく、お肉の旨みを閉じ込めながら、すばやく内部まで火を通すことができます。
火が強すぎてお肉を焦がしてしまい、無駄にしてしまう場合がありますが、炭の配置を変えて火力をコントロールすれば、お肉を安全に焼くことができます。
炭を多く置く強火ゾーンや、少しだけ置く中火ゾーン、炭をまったく置かない弱火ゾーンで火力を3段階に調節すると、効率よく調理することができます。
その他、グリルの半分に少しだけ炭を置いて中火ゾーンと、弱火ゾーンを作る方法もあります。
いずれの場合も、炭を置いていない場所に油の受け皿を置きましょう。
肉の種類によって焼き時間などに違いが出てきますが、ステーキ肉は、じっくりと全体に加熱することが基本なので、両端にだけ炭を置いて真ん中に弱火ゾーンを作り、蓋をして焼くのが理想的です。
焼肉用のお肉を焼く場合は、3つのゾーンを駆使して焦げないように焼きましょう。

バーベキューでステーキ肉を焼く場合

バーベキューでステーキ肉を焼く場合 バーベキューで、おおきなステーキ肉が登場すると盛り上がること間違いなしです。
やはりバーベキューには肉が似合う、そんなイメージにぴったりのメニューですので、調理しない手はありません。
もちろん自宅のガスコンロとは火力が違うということもありますので、いくつかステーキを焼く際には注意点もあります。
まず、肉を焼く前には、肉はきちんと解凍しておきましょう。
バーベキュー場に持っていく際に、冷凍のものを持っていくという人が多いですが、そのまま焼いてもおいしくありませんので注意しましょう。
二つ目に、フライパンではなく、網の上で直接焼くということも想定されます。
その際には、肉の脂がしたたり落ちて火が燃え上がるということも考えられますので、子供が近くにいないか注意を払いましょう。
ステーキ肉は、できるだけ外側を強火で一気に焼き、あとは、アルミホイルなどを利用して焦げ目をつけないように余熱で火を通すと、柔らかく仕上がります。